ステートメント

Topics

  • 博報堂、慶應義塾大学宮田教授と『Better Co-Beingプロジェクト』を始動

    2021.01.29

    株式会社博報堂の新規事業開発組織「ミライの事業室」は、慶應義塾大学医学部の宮田裕章教授とともに、生活者一人ひとりのウェルビーイングを実現するため、『Better Co-Beingプロジェクト』を開始いたしました。

    Better Co-Beingプロジェクトは、一人ひとりの多様な生き方を大切にしながら、社会全体のウェルビーイングを実現するための研究活動や実証実験を、ビジョンを共有する様々なパートナーとともに推進していきます。

    Read More

Better Co-Beingとは?

コロナ禍で働き方や生き方を見直す人も増える中、
「ウェルビーイング(well-being)」という概念が
ますます注目を集めています。
博報堂の新規事業開発組織「ミライの事業室」では、
このウェルビーイングを注力領域の一つに掲げ、​
事業創造を通じて未来の新しい生活をつくることを
目指しています。

多様性がより尊重されてきた今、
一面的で平均的なウェルビーイングではなく、
生活者一人ひとりが違うウェルビーイングを追求し、同時に、
お互いの個性を活かしあえる社会の実現が求められています。
多様なウェルビーイングの実現には、
健康状態、価値観や欲求、社会のあり方を多面的に解析する
AIやデータサイエンスなどのテクノロジー視点も重要です。

『Better Co-Being プロジェクト』は、
日本を代表するデータサイエンティストの一人である
宮田教授とともに、新しいウェルビーイングを切り開いていきます。

メンバー

  • 宮田 裕章 みやた ひろあき

    慶応義塾大学医学部教授

    データサイエンスなどの科学を駆使して社会変革に挑戦し、現実をより良くするための貢献を軸に研究活動を行う。宮田が共創する社会ビジョンの1つは、いのちを響き合わせて多様な社会を創り、その世界を共に体験する中で一人ひとりが輝くという“共鳴する社会”である。

  • 南雲 岳彦 なぐも たけひこ

    ⼀般社団法人スマートシティ・インスティテュート理事

    国内外のスマートシティおよびデジタルガバメントに関するリサーチ・政策提言・戦略アライアンス構築に従事。 Well Being (幸福度)や Liveability (暮らしやすさ)、地球との共生といったコンセプトを重視した新たなスマートシティのアーキテクチャ・デザインに注力している。

  • 細川 剛 ほそかわ ごう

    博報堂

    アートディレクター。SDGs日本版アイコン デザインを担当。賞歴/カンヌライオン金賞、グッドデザイン賞、東京ADC賞他。

  • 堂上 研 どのうえ けん

    博報堂 ミライの事業室

    ウェルビーイング事業立ち上げ中。ウェルビーイングシティ構想中。Better Co-Beingプロジェクト事務局。経団連DXTF委員。